HOME » 研究成果&イベント » 研究会等のご案内 » 第二回大型実験施設とスーパーコンピュータとの連携利用勉強会
2017年度量子ビームサイエンスフェスタ Meet@MLF Science & Technology in MLF
採用情報 イベントカレンダー

第二回大型実験施設とスーパーコンピュータとの連携利用勉強会

「放射光・中性子線と理論計算との融合による精密構造解析の新展開」

SPring-8、J-PARCの大型実験施設と「京」を中核とするスーパーコンピュータとの密接な連携利用により、利用研究の新たな展開や成果の質的向上が期待されている。本勉強会は、大型実験施設と計算科学による物質科学研究や開発の現状を共有し、研究のニーズや課題を議論することによって、利用研究の高度化と連携利用の更なる発展を目的とする。

今回の勉強会では、マキシマムエントロピー法(MEM法)を使った構造解析手法に焦点を当て、放射光・中性子線による実験データ解析とMEM法を使った最新の研究成果を議論し、構造・物性解析における新しい可能性を模索する。

開催日時

2018年1月10日(水)13:30~17:30 (受付開始12:30)

会場

いばらき量子ビーム研究センター 1F 茨城県 大会議室
茨城県那珂郡東海村白方162-1

参加費

無料

申込方法

お申込みフォームに必要事項をご記入ください。

お申込みフォーム

プログラム(12月21日現在)

1月10日(水)

13:30-14:45
60分講演
+15分議論
機能性材料開発における構造解析とMEM,その先には? 米村雅雄
(高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所,特任准教授)
石川喜久
(高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所,研究員)
14:45-15:45
45分講演
+15議論
異なる"眼"で見る物質像:X線と中性子の違いを活用した構造解析 金子耕士
(日本原子力研究開発機構・物質科学研究センター, 研究主幹)
15:45-16:05 コーヒーブレイク、記念撮影
16:05-17:05
45分講演
+15分議論
回折データから解析できること 田中宏志
(島根大学・総合理工学部・物質科学科,教授)
17:05-17:25 意見交換
17:25-17:30 閉会挨拶

問い合わせ先

一般財団法人 総合科学研究機構(CROSS)
中性子科学センター 研究開発部
舟越 賢一
Email:k_funakoshi[at]cross.or.jp([at]を@に置き換えてください)

主催

一般財団法人 高度情報科学技術研究機構(RIST)
一般財団法人 総合科学研究機構(CROSS)
公益財団法人 高輝度光科学研究センター(JASRI)
J-PARCセンター(JAEA&KEK)