HOME » 各施設のご案内 » 共用ビームラインとは?
The 9th AONSA/The 2nd Neutron and Muon School Meet@MLF Science & Technology in MLF
入札情報 イベントカレンダー

共用ビームラインとは?

J-PARC/MLFには、23本の中性子ビームラインの設置が可能です。
この内、JAEAが建設し国内外の研究者が共同で利用できる共用ビームラインとして、以下の7本のビームラインが設置されています。

共用ビームラインの概要

ビームライン
番号
ビームライン名称 利用分野
BL01 4次元空間中性子探査装置
(四季)
強相関電子系、低次元スピン系等の磁気励起、格子振動の測定
BL02 ダイナミクス解析装置 (DNA) 生体高分子、ソフトマター、機能性材料中の原子運動や磁性体中のスピン運動の測定
BL11 超高圧中性子回折装置
(PLANET)
低温高圧下及び高温高圧下での結晶、液体の構造解析やラジオグラフィー測定
BL15 中性子小角・広角散乱装置
(大観)
金属材料、磁性材料、ソフトマター、タンパク質等のサブナノからミクロンスケールの構造解析
BL17 偏極中性子反射率計
(写楽)
機能性薄膜材料、生体膜等の表面構造や埋もれた界面の構造解析
BL18 特殊環境微小単結晶中性子構造解析装置 (千手) 機能性材料の結晶構造や磁気構造の解析
BL22 エネルギー分析型中性子イメージング装置 (螺鈿) 中性子透過像の取得及び、3次元像の再構成結晶組織・核種・磁場情報の空間分布の可視化

J-PARC MLF の他の中性子ビームラインを含む詳細情報は こちら をご覧下さい。